ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2009.09.04 Friday

Whip-fin Wrasse



ギリのサンゴのガレバには ベラがいっぱいいます。

色々いるけど この子が見れるのは
ギリのあるポイントのみかな〜

流れるポイントなので デジイチのような
大きいカメラだとちょっと撮影は大変そうです。

昼間からフラッシングしている子です。
元気〜♪
2009.09.03 Thursday

この子は誰の子?



ギリの泥場ポイントにいました。

真っ黒で背びれの後ろ側には
白い線がエッジにはいってます。

Black Shrimp Goby ???しかし
直立でたってる子もいたので
う〜ん これもよくわからない子です。

知ってるかたいたら教えて〜。
2009.09.02 Wednesday

イエローバード・シュリンプ・ゴビー



今月来ていただくお客様のリクエストの泥ハゼ
直前リサーチに行ってきました。

以前はシルト状のドロドロのところにいたんだけど
今回はもう少し荒い泥砂のところの浅場に
や、、やっといた〜〜(汗)

この子を探しているときに見つけた
ちょっと変わった固体
Four-blotch Shrimp Gobyに似てるんだけど
穴から体出してるというよりは
その辺にドタっとのっかってる子が多かった。
(もちろん穴の中にいる子もいてたけど・・)
そして胴体の鮮やかな黄色の帯が特徴!



以前 他のポイントで見たFour-blotchは
かなり根性座ってて 逃げない子が多かったけど
この子はちょっと臆病な感じ。。。。

あちこちにいましたよ〜。


2009.09.01 Tuesday

ハゴロモsp とカスリハゼの共生?



本日のバンサル港
10mのドロ場です。

船をつけたブイの下はカズリハゼがいっぱ〜い。
そのひとつの穴に ハゴロモspがいました。

横にはカスリ・・・・・
こんな共生あるんですね〜びっくり。

てか たまたま??
2009.08.22 Saturday

イレズミ・ハゼ?新種?



こちらも今回のダイビングで印象に残った子

個人的に岩の裏側についてる
この種のハゼを探すことがほとんどないので
自称ハゼ好きではあるのですが 
このタイプのハゼの知識はあまりありませんでした。

香さんのダイビングはとりあえず「探す」

うちは基本マクロよりは キレイな海を流されて
「あ〜〜きれいだねぇ〜」といいながら潜る
ドリフトダイブ志向のお客様が95%なので^^;

マクロダイブに関しても 「探す」というより
「出会う」という感じなので 彼女のスタイルは新鮮です。

マクロで売ってるショップさんはこれが普通なのですね。

これを見つけたのはその香さん
水中で 「ミ・ジ・ン」と言っていたのですが
上がって図鑑を見ると どうやら「イレズミ」だったらしい

しかしやっぱりちょっと違う???ということで
今 日本のほうでハゼ博士さんに見てもらっているそうです。
新種だと嬉しいですね〜(でも登録するために採取するのはイヤ)

これも今ならまだ見れますよ。

2009.08.21 Friday

真打

そしてこの50センチ四方のポイント
きわめつけがこれ



コガラシ・エビ!!!

裕次さんが何気にスパインチークの下の
サンゴの折れたのをかたしてたら 
下からひょっこり!


このスーパー50センチのポイントの
下 10mの同じサンゴの中には
小指の先のサイズの ニシキテグリ
ヒレを全開にした 大きなコバンハゼ

そのサンゴと砂地のキワのところには
カニハゼちゃん ペアー赤い旗

バグースダイバーだけが潜ってる ポイントです。

2009.08.19 Wednesday

続き



ということで続きです。(7/16の)

このスパインチークちゃんの周りには
内湾性の細くて触っただけでポキポキ折れてしまう
白いエダサンゴがだ〜〜〜〜っと群生しています。
(ツツミドリイシと言うそうです)

このサンゴの中が実は小さな生物のお家


ちゅ〜してる!

スパインチークの回りには はっと見ると
キイロサンゴハゼや 黒いコバンハゼのゆな子が
い〜〜〜〜っぱいついていました。

普通種だけどカワイイですよね〜。
2009.08.17 Monday

ちょっと休憩

昨日の気を持たせた予告から明けて本日。



じゃじゃ〜〜ん、
えっ?これがスゴイ被写体・・・・???

ではないんですね〜スミマセン。


突然ですが 昨日の続きはいったん小休止とします。

「程原裕次のダイビングフォトパーク」の「潜水小話」
昨日 インドネシアから戻って早々にワイドの写真を
公開しはったんですけどよ〜く考えたら
撮影したご本人より先に うちがネタの画像を公開するのも
いかがなものかと 反省しまして・・・・

今日は私がギリで撮ったものでガマンしてくださいね!

トランペット・フィッシュはストーカー体質なのか?
他の魚の上にのっかって移動する姿たまに見かけますよね。

この日もハリセンボンの上にちょこんと・・・
しかし どっかりおんぶしてもらってるかといえばそうではなく
ハリセンボンのギリギリのところに寄り添ってる
という感じでしょうか?



ハリセンボンはすご迷惑そうで 何度もUターンして
ストーカーを振り払おうとしてましたが
なんのその状態でした・・・ひつこいでぇ〜

何のためにこんな事をするのかは???
検索してみましたが あまり明らかに説明してくれるものは
ありませんでした^^。
やっぱりただのストーカー???

日本名は今思い出した「ヘラヤガラ」でした。
2009.08.16 Sunday

すごいポイント 

程原さんと潜ると
毎回必ず驚きの発見があるんです。

今回はギリのマクロポイント

ふと見ると昨日の写真のフリソデ・エビが
置物のように2匹 サンゴの間に鎮座



その横にはスパインチーク 1匹
(ギリではそれほど数多くないです)



そしてその下のサンゴの下(ややこしいなぁ)には・・・


明日に続く・・・・
2009.08.15 Saturday

1年ぶりの更新



こんにちは管理人です。

長らく更新せず失礼しています。
今年も友人の程原さん夫婦がロンボクに来て
撮った画像をおいて帰ってくれました。

素敵な写真ばかりですので
これを機会になるべく毎日更新できるように
がんばってみたいと思いますので
よろしくお願いします。

程原裕次さんのウェッブサイト
程原裕次のダイビングフォトパーク
こちらの潜水小話でもロンボクのお話でます!

Powered by
30days Album