ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2008.10.10 Friday

10/5 ギリ(メノー、アイル)

9月に確認したピグミーにもう一度会いに行きました。



わさっとウチワがかさなるとまったくわかりません。
スバラシイ擬態

こうするとよくわかりますね。

2008.09.27 Saturday

9/26 ちび まんじゅう

ギリアイルにて



ギリアイルのサトミ ポイントには

デカデカサイズのまんじゅうはしょっちゅう見ることができますが

今回のは小指の先サイズで ちっこ〜〜いときめき

お尻のドット模様もまだあまり出てない状態でした。
期間限定サイズですね。




ついでにこんなんも。
パイプフィッシュの仲間。

2008.09.26 Friday

9/25 ギリ サトミ・ポイント

ギリ アイルのマクロ ポイントにて


カノコセキワタガイ科
ケリドヌラ・ヴァリアンス




よく見かけるウミウシです。
2.3匹でまとまってることが多いです。

今日はこのほか 昨日のピグミー(ギリ・メノー)
カエルウオの仲間、 カエル アンコウ(黒 大)など。
2008.09.24 Wednesday

ピグミー!in Gili Meno

バグースダイバース 本日や〜〜っとギリにて
この子の確認しました!



今なら リクエストいただければお見せできます♪
水深25m ただし潮によってはかなり激しく流れます。
2008.08.29 Friday

8/14タマン・アイダ(3本目)





水深10-15Mのスロープにいたウミウシ達
両方小指のさきほどの大きさでかわいい。

上はメクシクロミス・マリエイ
下はサラサ・ウミウシ 和菓子みたいな子♪



水深5-2Mはサンゴが元気に育ってます。

その枝のアイダをのぞくと
アカネダルマやコバンハゼ、キイロサンゴハゼなどが
ちょろちょろ・・・・
かわいいけど 撮るのはすごい大変そうでした。
2008.08.24 Sunday

8/14 トロコデ /マンダリン



ボートの上から見ると 根のてっぺんがきれーに見えてたので
これはなかなかいい!とエントリーしたんですが
15m以下はちょっと透明度落ちていて 透明度5mほど 
ボトムは薄暗い よって底のハゼはあんまり顔出さずでした。

ボトム26mでマンダリンではひさしぶり ホソフウライ発見
(ニシキフウライウオの体が細くて透明版、でも写真は撮れず、がくっ)


パラオで発見されたナガノヒロシにちょい似のベニハゼ よく見かけます。


それ以外はおっ!というのは出ませんでしたが
被写体は色々いました。



これにそっくりな海草があります(笑)でもこれはちゃんとウミウシ
名前がわかりませんが lここで何度か観ています。

すべて程原裕次さん提供の画像(感謝です)



これも普通種のMimic File fish ですが
サイズが小指のさきっちょくらいでカワイイ

今 程原裕次のDiving Photo Park では
楽しいお話しつきで ほぼ毎日ロンボクのお魚の写真が掲載されています。
http://homepage3.nifty.com/hodohara/
2008.08.19 Tuesday

8/12 シェラトン 2

ハゼ、、、一番多かったのはこの子



そしてこんなのも



エギジットまえに 程原ヨメさんが見つけた
ち〜〜さなウミウシ。
肉眼ではよくわからなかったのですが 画像で観ると
こんなんやったんか〜。

2008.08.17 Sunday

イエローバード・シュリンプ・ゴビー

めちゃくちゃ久々の更新です^^;

8/11より 私の大阪時代の友人 程原夫妻が2.5年ぶりの
来ロンボク、、、、で ひさびさに連日のダイビングでした。

このネタで 細々ブログ書いていこう、、かな。

まずは8/12 1本目のスンギギ シェラトン前。
管理人自身このポイントはひさしぶりです。
ハゼ団地は健在かな〜と ドキドキしながらエントリー

午前中のエントリーだったので 透明度もそこそこよく良い感じ
そして水深7mからのスロープは

やっぱり 足の踏み場もないほどのハゼ団地
特にカスリハゼの数がすごかった!

ハゴロモハゼの仲間 ブラックマストやクロオビハゼも
ちょろちょろいましたが 
以前より数がぐんと増えていたのがこのハゼ

イエローバード シュリンプ ゴビーです。


お腹のところが黄色のシマシマの 
これぞイエローバードというのもいましたが



真っ黒、ちょっと黒いの、そして 真黄色の固体



色のバリエーションがいっぱいでした。


以前は 水深がどこまでも8-9mのあるポイントに
これだけを見に行っていたんですが (他ではあまり見かけない種みたいです)
シェラトン前でこれだけ見れるんだったら ええやん〜♪(笑)

、ということで イエローバードが見てみたい方は
是非 シェラトンのビーチダイブをリクエストしてください。

このハゼがどれだけすごいハゼなのか?は うちで潜っていただいた
この方のサイトでチェックしてくださいね。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mad_and_muddy_dv_19901028/index.html

これを読むと お〜〜!と思うこと間違いなし。(↓イエローバードはこのページ)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mad_and_muddy_dv_19901028/library/L_2007_11.html

程原夫婦は8/16 無事4日間を潜り倒して日本に帰っていかれました。
裕次さんはフォトコン入賞常連さんです。
「潜水小話」で きっと素敵なロンボクの魚達を紹介してくれることと思います。
このブログにも置き土産の画像をたくさん使わせていただきます!
ありがとうございました!
2008.04.15 Tuesday

4/13(日)マンダリン



前日降った大雨でビーチはかなり汚かったので
急遽 マンダリン ポイントへ。

こちらはうってかわって 水面から7mの根のトップが見えてました。
中に入ると 15mあたりまで スコーンろぬけています。

ボトムはちょっとニゴニゴだったけど 5mは見えていたので
けっこう楽しめました。



そこにこんなんが、、、、、
同じとこに ゴルゴニアンと小さなカニ(カニダマシのような)
カニは1つの枝にいっぱ〜〜い!ついてました。
ゴルゴニアンは最近見てなかったので ひさしぶり♪



ハゼ類はいつもどおり クサハゼ系数種、フタホシタカノハハゼ
Scribbled Shrimp Goby など。

ホワイトライン ファイルフィッシュの幼魚(1センチ未満)
こいつはちょろちょろ動き回るので写真撮れずだったけど
めちゃくちゃかわいかったです。


岩の間には サンゴモエビが。
午後のお茶の時間で水中かなり明るかったですが 
ガシガシ出てきていました(笑)



トップ7〜10mはサンゴの景色がとてもきれいです。
ハナゴイ系やスズメダイたちが群れてる姿もとっても癒されます。


2008.03.03 Monday

3/2 トロコデ マンダリン

すごく久しぶりの海ブログです。

2月はなぜか前半に集中して 団体さんやダイブコースのお客様で
てんやわんや(なぜこの時期に???)でしたが
このブログの管理人の私はこの期間日本へ一時里帰り(約1ヶ月)
私が帰るとまたすっかりヒマに、、、、
もしかして 私がいてへんほうが商売繁盛なのか?(苦笑)

ということで寒い日本から帰り 少しもとのペースに戻ったので
ひさしぶりにマクロダイブに行ってきました。

現在船を年1回の恒例修理で アグースは毎日トロコデまで来てますが
昨日はビーチもかなり水がきれいだった、、のに 
なぜか昨日3/2は雨もないのにニゴニゴ(涙)

ひさしぶりにトロコデの北隣の村 トロコンバルでも潜るか、と思ってたのですが
こんな感じなので いつものマンダリンへ行ってきました。

こちらも透明度はかなり悪く 底は5mくらいで 薄暗かったです。

21mあたりでヤギについてるファイルフィッシュの子供発見
1センチもないサイズでこの背景なので かなりよい被写体だったにもかかわらず
私のコンデジではほとんどピントが合わず。
アグースにちょっと貸したら 自作のクローズアップ使って
こんなふうに撮っていました(もう少し小さめに撮ってほしかったかも)

ファイルフィッシュの子供

ここでかなりの時間を過ごしてしまいました。
かわいらしいですよね ファイルフィッシュの子供って。

こんな暗さだったので ハゼもほとんどお休みなのか?
深いところのはほとんど顔を見せずでした。
寂しい・・・・

17m付近でカニハゼ、、、、
前はこのポイントではあんまり見たことなかったけど
最近よく出ています、逃げないし大きいのでコンデジでもOK(笑)

カニハゼ 


手の先にタワシをつけた サンゴモエビやニシキテグリも
岩陰からちょろちょろと姿を見せていました。






Powered by
30days Album